インプラントQ&A

インプラント治療に関するご質問とその回答です。
さらに詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

誰にでも治療は受けられますか?
インプラント治療は、誰もが受けられる治療法ではなく、多少の制限があります。
チタンアレルギーの方や、18歳以下の方はインプラント治療を受けられません。
また、以下のような方は、インプラント治療を受けられない場合があります。
  • 骨の量が不足している方
    (当院では、レントゲンだけでなく、歯科用CTを使い、骨の状態などを精密に検査して、インプラント可能かどうかを判断します。)
  • 妊娠中の方
  • 全身疾患をお持ちの方
現在総入れ歯でお困りの方でも、インプラントは可能です。
まずはお気軽にお問い合わせまたは無料説明会でご相談下さい。
治療期間はどのくらいかかるのですか?
インプラントを埋入した部位や個人によって差がありますが、4ヶ月から7ヶ月程度の治療期問が必要となります。
インプラントはどのくらいもちますか?
インプラント治療終了後、どのくらいもつのかは、患者さんのお口の中のその後の状態によって大きく変わってきます。
せっかくインプラントを入れても、メンテナンスを怠ると、歯周炎を引き起こし、もちが悪くなってしまいます。
当院では5年保証をしております。
インプラント治療終了後、定期的にメンテナンスをし、アフターケアを充実させております。
治療費用はどのくらいかかりますか?
現在は保険治療の適用になっていません。
埋入するインプラントの本数など治療の内容により異なりますので、詳しくはお問い合わせまたは無料説明会でお聞き下さい。
入れ歯が痛くて困っています。インプラントは痛くありませんか?
インプラントは入れ歯のように、歯茎や隣接歯に負担をかけませんので、入れ歯が合わない時のような痛みを感じることはありません。
インプラント治療は、骨に人口歯根を埋め込む手術をします。手術中は麻酔をかけますので、痛みはありません。
麻酔が切れた後、多少痛みが出ることがありますが、一時的なものですので、心配ありません。
インプラント治療は、何本からできますか?
1本から可能です。1本だけを失った方から、歯を全て失った方まで、インプラントで歯を再建することができます。
金属アレルギーがあるのですが、インプラントを入れられますか?
金属の中でもチタンアレルギーのある方は受けられません。
妊娠中ですが、インプラント治療を受けられますか?
事前検査ではレントゲンやCTスキャン等のX線映像が必要ですし、インプラント手術では麻酔等が必要となります。 また、妊娠中は体調が変化しやすい時期ですので、インプラント治療を受けられません。
インプラントに年齢制限はありますか?
年齢に上限はありませんが、インプラント治療は、顎骨の成長が安定しないと受けることができません。一般的に、未成年の方は成長を終えていない方がほとんどですので、未成年でのインプラントは適していません。
持病があるのですが、インプラント治療は無理でしょうか?
一般的に、高血圧や糖尿病などの全身疾患の方はインプラント治療が難しいといわれることがありますが、疾患をコントロールできる場合はインプラント治療も可能です。ご相談ください。
インプラントにしようとしたら、顎の骨が少なくて無理といわれました。諦めた方がいいのでしょうか?
顎の骨が少ない場合は、骨移植などの方法で、顎の骨を作ることができます。 諦める前に、一度ご相談ください。
今、すでに総入れ歯にしているのですが、よく噛めなかったり、話しづらかったりと、つらいです。インプラントに変えられますか?
総入れ歯にして長期間経過しますと、顎の骨が委縮している場合があります。その場合でもいろいろな方法などでインプラントを入れられる可能性があります。
一度ご相談ください。
インプラントの手術は入院などが必要なのですか?
インプラントの手術では入院は不要です。
1・2本でしたら30分程度で終了します。その後のケアも含めて院内でゆっくり休んでいただき、半日もあれば帰宅することができます。インプラントを入れる本数にもよりますが、院内で過ごすのは半日程度と思っていただければよいと思います。
治療期間はどのくらいかかりますか?
インプラントの手術をしてから完成まで、4~5ヶ月程度の治療期間となります。
顎の骨を作るための骨移植が必要な場合や、歯周病の治療なども行う場合は、もう少し治療期間が必要となります。